infomation

blog

自由の女神

2011年08月16日 11:01 pm/【投稿者】松下 洸平/ blog2009-2016


暑い夜に



熱い話で盛り上がりました。




今日はいつぶりだろう、、


希先生のダンスレッスンに行って来たのだ!!


みよ!この汗を!
写真でわかるかなぁ?




久々だよこんなに汗かいたの。



一曲まるまる振り付けされた曲を1時間で覚えました。(笑)


もちろん完璧に入る訳はなく。


でも最後の通しで、希先生から


「洸平は愛嬌でっ!!!!!」




あいきょうで、踊りまくりました!



松下完全に復活!


その後飲みに行ったよん。



そこで色んな話をしました。


希先生や事務所の皆と語りました。


いつぶりかなぁ、こうして皆と話すのは。


色々な想いを抱えて



支えあって刺激し合ってぶつかり合って生きている。



躓(つまず)いてたら、助けてやりたいし

躓いたら、助けて貰いたいし





恩返しの代わりが「結果」。



そんな世界です。



自分が躓いた時、助けてくれた人に恩返しするには



結果しかない。



「貴方があの時助けてくれたおかげで、今こうしてここにいれます。」



その姿を見せる事が何よりの恩返しになると思うのです。



僕を一人で育ててくれた母に恩返しがしたいとよく思う。




小さな頃ね、お兄ちゃんとお母さんと3人でNYに行った。



母は僕たちに

「自由の女神を観に行こう。」
と言いました。


僕らは船に乗り


自由の女神の前で写真を撮りました。


そしてマンハッタンに帰る船の中、何故かは覚えてないけれど
僕は不機嫌になり駄々をこねて、母を困らせた。




その事を今でも覚えてる。




なけなしのお金で僕らに夢を見せようと連れてってくれたアメリカで、僕は不機嫌になり、母を困らせた。




この歳になって、その事を凄く後悔している。


母に親孝行したいと思う。


その時、いつも船の中で泣いた自分が浮かぶ。


「あの時、貴方が僕らに夢を見せてくれたから今ここにいる」と伝えられる様に、



結果を出さなくちゃ。


そしてまたいつか、3人で自由の女神を見に行きたい。




その時は、駄々こねず、家族でたくさん写真を撮りたい。




それが僕の夢。



母は、あの時駄々をこねた僕の事覚えてるかな。


Sweet dreams.