infomation

blog

何度泣いても

2011年04月15日 10:14 pm/【投稿者】松下 洸平/ blog2009-2016

Ordinary days


去年の夏、クワズイモと言う観葉植物を買いました。


おっきな葉っぱがたーくさんあって、僕がカエルだったらきっと傘にしたくなり
そうなヤツ。

愛情込めて育ててたんだけど、僕は観葉植物をすぐダメにしちゃう人です。

なので、実は去年の冬ぐらいから少しづつ枯れていって、葉っぱは一枚枯れ、も
う一枚枯れ、気付いたらあんなに大きかったクワズイモに葉っぱが、たったの2枚



あーあ、って思った。


いっつも何か間違えているのかもしれないっ。

諦めずに色々試したんだけど、地震の日、倒れ土が部屋に散乱して、大変なこと
に。


でもその時、土を一新してみました。で、たーくさん話し掛けてみた。

ただいま  元気?   調子はどう?



そしたら、昨日ぐらいから一枚葉っぱが生えて来た。


おーきな葉っぱ。



頑張って再生させてあげるからね、クワズさん。

Ordinary days


今日念願だった自転車のカゴ買えたよっ。
自転車屋さんのおっちゃんにお願いしてつけて貰いました。


だけど、、、


だけれども、、、




低い!



いやこれは絶対に低いですぞ!!!


乗ってる最中カゴのモノ出したりしないからまぁ、いいっちゃいいけど、手を伸
ばしても確実に届かない位置。笑


僕が乗ってる写真じゃないからわかりずらいかも知れないけど、この自転車小さ
いから余計低い!低いです、しつこい?笑

でもカゴが着いただけでちょっと嬉しい。


低いけど。


Ordinary days

今日泣いた。
岡村隆史さん主演の「てぃだかんかん」と言う映画の予告編を観て号泣。

観た人いる?

早速さっき借りて来ちゃったよねっ!思い立ったら吉日です☆


葉っぱが生えた

自転車にカゴが着いた 低いけど

泣いた

そういう普通の事が、今の僕には特別なんだと思う。

ごめんね、こんな僕の個人的な話に付き合わせてしまって。
でも、今僕がここにいて、君がそこにいて、言葉を交わし合う事がOrdinary な事
の様に思えて、実は特別な事なんだと感じたんだ。

電気が使えたのが普通だったのに、使えなくなって初めて気付く。どれだけ灯り
が特別な存在か。

何百回と泣いたのにいつも忘れて、泣いてまた気付く。涙を流す事がこんなにも
疲れる事だなんて。

家族を失った方々が、どれだけ泣いても大丈夫な様に元気な僕はなるべく笑って
たいって思った。

泣き疲れた時、笑顔で支えてあげれる様に。

ただいま おかえり 調子はどう?
って言葉に、<生命を救われる>事もあるんだよね。

当たり前の言葉が 特別なんだ。

僕が枕元で大事にしてる相棒、アザラシのシェラトンくん。



見てー!僕のマヌケな顔。

週の終わり、この顔に、どうぞ少しニコッとしてくれたら嬉しいです。

一週間、お疲れ様。
皆の一言が聴きたいです。
なーんでもいいよっ、「おかえり」だけでももちろん。

おかえり。
いつもありがとうっ。

PEACE.