infomation

blog

N2N終わる。

2013年10月07日 12:09 am/【投稿者】松下 洸平/ blog2009-2016

今日と言う日が来るのはわかっていたけれど

こんなに寂しいなんてね。。

 next to normal

全35公演が無事に終了。
今は自宅にてこれを書いています。


実は兵庫公演終了後、飛び出すように劇場を後にした。

東京でワンシーンだけ撮影があったから。

別れを惜しむ暇もないだろうと思っていたが、それぞれにハグをしたら涙が溢れてきた。


特別な作品になった。

何より人との縁と言うものを感じた。

こんなにも深い絆で結ばれるカンパニーはそう巡り会えるものではない。


またそれぞれの道へ。

またいつか、この作品をこのメンバーでやれるはず。そう信じずにはいられないのである。

いかにこのカンパニーがそれぞれにとって特別な存在であったかがわかる話がある。


カーテンコール後、全員がはけ、下手袖ではいつも円になります。お互いの肩を抱き合って。

「お疲れさま〜〜〜〜!!!!」

「終わった〜〜〜!!!」

「乗り切った〜〜〜!!!!」


口々にキャストが言い合うのが常でしたが、今日の大千秋楽後の下手袖。

いつもの様に肩を抱き合って円になった。


しかしいつもの言葉を口にする人はいなかった。ただただ黙っていた。

あったのは、もはや誰なのかもわからないキャストの、ぎゅっと強く抱かれた手の強さだけ。
僕も精一杯に腕を伸ばし、もはや誰のものかもわからない肩をとにかく強く抱いた。
みんなそれぞれ考えていた事は一緒だったと思う。


あの瞬間言葉はいらなくて、ただただ終わってしまった事を受け止める時間だったような気がする。


いかにそれぞれがこのカンパニーを愛していたかがわかる写真もある。



これはある日の飲み会。

キャストが集まると必ずこうして肩に手をかけて話す。

ここは、もはや笑うところなのである。笑


笑ってくださいね。


幸せは、誰かと分かち合って初めて感じる事だとご挨拶の時に話させて頂きました。

next to normalを通して、そう感じたんです。
ノーマルな暮らしなんて、ない。普通の隣でいい。
だけど、一人で生きていける人はいない。
クレイジーでもいい。小さな幸せでも一緒に共有出来る人がいればいいのだと。
愛の代償は失う事かもしれない。それでも人を愛する事を恐れて欲しくないです。
とっても前向きな作品として、皆様の心に刻んで頂けていると嬉しいな。



絶賛撮影中のドラマ「家族の裏事情」にも同じようなメッセージ性を感じます!

本当に面白い作品になってます。

愛を考える2013年・・ですな。

観に来てくださった皆様と、幸せな時間を共有出来た事は僕の宝物です。
これからも応援宜しくお願い致します!!

さ!次回は恐ろしい程に溜まった写真をこれでもかと言うぐらいアップします。。







ヘンリーを愛してくださった皆様、本当にありがとうございました。
最後はこの歌詞で。

♩「さよなら ヘンリー」



Much lovin.Peace..