infomation

blog

感謝文

2013年03月26日 6:13 pm/【投稿者】松下 洸平/ blog2009-2016

まずは、皆様からの沢山のコメントありがとうございました!!



話さないといけない事が沢山あります。
長くなりますので、気合いを入れて読みましょう。


カラマーゾフの兄弟では、末松と言う一人の青年の死を皆さんどう受け取ったのか。
様々な見解がありましたね。

皆さんが一話から見直した時、全ての末松がラストへの序章の様に
見えればいいなと思いながら3ヶ月間撮影に挑みました。

顔で笑って、心はいつも泣いてました。

苦しい時もありました。が!
その気持ちこそ、俳優の特権なんです。だから感謝しています。

作品の中ではあんな結末でしたが実際、市原隼人さんとは
音楽の趣味が一緒で、楽屋ではいつも
HIP HOP談義で盛り上がりました。

芝居に関しても沢山のアドバイスをくださり、
素晴らしい経験をさせて頂きました。
舞台も観に来てくださり、心からリスペクトする先輩でございます。

文蔵役の鋼太郎さんとは、去年リタルダンドと言う音楽劇でも息子の役をやらせて頂き、
大変お世話になった方でした。こうしてまたご一緒出来た事に感謝です。

時々、鋼太郎さんの楽屋に勝手におしかけ一緒にお昼ご飯を食べたりしました。

スリル・ミーと言う舞台を並行してやっていて、
末松とレイは似た部分もありましたよねー。


僕はどちらの役もオーディションで選んで頂いたのです。
カラマーゾフの監督はスリル・ミーを知らず、なんと言いますか、
松下洸平には不幸な役柄を引き寄せる運があるのかもしれませんね。



ま、不幸顔ですし。
誰が不幸顔や!!


スリル・ミー、皆様楽しんで頂けたようで一安心。

課題の残る公演でした。
その中でも楽しんでやれた事が何よりかな。
柿澤勇人の芝居がバシバシ伝わって来て、それに負けじと返そうとして、
気付けば二人の世界でした。パクさんのピアノに背中を押され。

多くの方に感謝です。
ラッキーとコニタンにも何度お礼を言っても足りないぐらい感謝しています。

松下柿澤ペアを愛してくださった皆様に心からお礼を言いたいです。
本当にありがとうございました。

今後の予定ですが、6月15日に

ソロライブ「HOME」

を開催致します!会場は
代官山 晴れたら空に豆まいて




話し切れなかった作品の裏話とか
音楽の事、色んな話と色んなお歌を歌い喋ります。

LIVEという原点=HOMEに帰ってくる意味で
タイトルを名付けました。

のんびりお酒的なものを飲みながら見れる、
アコースティックスタイルのLIVEにします。


9月には、next to normal。
何ともスリルなキャストでして。
久々のブロードウェイ作品!

是非お越しください◎


最後に載せれなかった写真たちを
一挙に載せてお別れです!

うりゃーーーー!!!

劇場への行き道いつも癒されてた桜並木。




Thrill me2013







日韓ペア!



公演中Wedding singerを観に行きました!
ミスタースリル・ミー!



カラマーゾフの打ち上げに出てきたカラマーケーキ!



この写真は載せようか迷いましたが
やっぱり載せる。

末松は悲しい結末になりましたが
松下はとても幸せな時間でした。



出会えた事に感謝。

応援してくれた全ての人に感謝。
これからも芝居や音楽を通して出会えた皆様と
繋がっていられますように。

Much luvin!Peace!